トップイメージ

自動車を所有している方ならば承知しているものですが自動車税なるものを支払う義務があります。

そして自動車税は、手放す中古車の買取時に一般的に還ってくるものなのです。

これは実行したら簡単に頭に入ってきますが、でははじめから順番に紹介しましょう。

ちなみに記載するならば、国産で生産されているクルマだけに限らず外国の車でも税金が戻ってくる範囲になってきます。

当然ですが中古車などもそうです。

自動車税というのは車を所有する人が払わなければいけない税金で、税額はそれぞれの排気量の大小毎に決定されます。

1リッター以下ならば29500円で、1リッターから1.5リッター以下までであれば34500円になります。

これ以上は500cc毎に5000円ずつ増えていきます。

そしてこのお金は4月1日時点で車を保有している人が以後一年分の金額を支払う決まりです。

要は前払いになるということですから勿論ですが車を買取してもらって、所有者でなくなった場合には先払いした分の税金は戻ってくるんです。

この自動車税は前払いで以後一年分のお金を納付するのでその年度内に車を売却した際は、新たなオーナーが税金を支払わなければいけないということです。

売却相手が買取専門店でしたら、引き取り時に先払いしている分の税金を返金してもらえます。

つまり所有権が移った時からの税は、権利が移った保有者が納付義務を負います。

例えば自分が10月中に愛車を引き取ってもらった時は、11月から翌年3月いっぱいまでの払った税金は返還されます。

というのは前述した通り自動車税というのは前払いであるという決まりからも明らかです。

要は前所有者は買取先に払いすぎた税金を返してもらうということなのです。

個人的にクルマを売却する場合結構この知識に気付かない方がよくいるのできちんと確認するようにすることです。

自動車税が自動車を売った際に戻ってくるということをあまり知られていない事を利用してその状況を説明しない悪質業者もあるのです。

こちらから税金についての話題を出さなければ全く返金のことには触れないというケースもよく聞かれます。

なので車の買い取りをお願いするさいには自動車税が戻ってくるかどうかの確認を忘れないようにしてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rossedunn.net All Rights Reserved.