トップイメージ

借入の返済方式というものは、企業の方針によってずれというものがあって、いろいなメソッドが選択されてます。

類型的なところでは残高スライド方式やリボルディング払方法などが多いみたいです。

またこういった誰もが知ってるリボルディング払ですけれども本当を言えば勘定手法に多様な方式というものがあるのです。

それ故さのごとき方法に応じて支払い合計金額が違ってしまうのですから、心得ておいて負担になることはないと思います。

じゃあやさしく両者の手法のギャップについて解説しましょう。

一つ目は元金均等払いで二つめは元利均等払いというものです。

これらはその名のとおり、元金を均一に返済していくというのと元本と金利に関してを合わせて均等に返済していく手法です。

今回はもしや10万円借り入れたと仮定してどういう計算をするかやってみましょう。

利息をいずれも15%というふうに計算します。

更にリボルディング払いの支払いは1万円というふうに計算します。

最初に元金均等払いからです。

こうした事例の初回の支払については1万円に利率分の1250円を足した支払いになります。

次回の支払いは1万円へ利率分の1125円を合計した金額へとなります。

こういうようにして10回で支払を済ませるという方式となります。

他方元利均等払いは1度目の支払は1万円ですが元金に8750円金利へ1250円といったように割り振りをします。

次の支払いは元本が8750円に減った状態にて利率を算定し、その1万円から更にまた分配します。

別のことばで言えば元利均等払いの事例は10回で引き落しが完了しないという計算になったりします。

こればかりのへだたりで二方がどのくらい変わってるのか十分にご理解頂けたことかと思います。

元利均等とは元金均等と比較して、明白に元が減少するのが緩やかといった不具合というものが存在するのです。

別言すれば利息を余計に出すと言う状態になってしまうのです。

反面、1度目の返済が少額で落着するというプラスも存在するのです。

かような返済形式などの相違に連動して返済金額というのは相異なってくるので自身の嗜好に合った方針を採用するようにしましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rossedunn.net All Rights Reserved.